2009年07月30日

松川のお家の建て方!

こんにちわexclamation

今日から建て方を始めている松川村の物件をご紹介しますわーい(嬉しい顔)

今日は建て方1日目なので、1階の柱とその上にのってくる
梁等を架けていきましたわーい(嬉しい顔)

DSCF3081.JPG
大工さんの手刻みの技が光りまするんるん
DSCF3082.JPG

上のふたつの写真は、組む前と建物に組み上がった後の写真ですカメラ
この継手は、しゃち継ぎと言う継手ですexclamation
組んだ後に、上から楔を打ち込み材料が締まるようになっていますわーい(嬉しい顔)
DSCF3083.JPG
次の写真は、柱と梁の接合部を込み栓で抜けないようにしていますわーい(嬉しい顔)

材料に文字が書いてあるのは、大工さんが建物の通りに
いろはに・・・と、1,2,3,4・・・で番号をつけたものですペン
なので、建て方の時大工さんは「いの3番の柱取って」という
言い方をします。

また、「いの一番」という慣用句は、
柱を立てるとき「いの1番」から立てはじめることが
語源だそうです。

ただ、現在もそうかと言うと建物の形や梁の架け方等で
順番が後先になることもあるそうですわーい(嬉しい顔)
posted by maru at 18:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記